幼稚園の日誌

2021年2月の記事一覧

保護者参観日・そら組

本年度最後の、そして幡羅幼稚園の最後の保護者参観日です。そら組のみんなは、幼稚園最後の参観日、お父さんやお母さんに見てもらうため、しっかり練習してきたことを見てもらいます。少し緊張していました。記念のアルバムも親子で作成しました。最後には、お父さんやお母さんから2年間のがんばりについて一人ひとりに手紙をいただきました。手紙では、お母さんの感情が高ぶり、お互いが涙をこぼす場面も見られました。

最後の保護者参観日・はな組

本年度、最後の保護者参観日を実施しました。幡羅幼稚園で行う本当の意味での最後の保護者参観日です。はな組は、朝の園庭での遊びの様子や親子かるたとり、生活(絵や個人目標)の個人発表、親子記念アルバムづくりを見ていただきました。園児たちは、本当に久しぶりにお父さんやお母さんに見てもらえるので、朝から少し興奮ぎみでした。参観日が終わり帰る園児たちから今日は楽しかったという言葉が聞かれました。

 

朝の活動・お絵かき・駒回し

登園後、室内で自由遊びを始めました。駒回しをしたり、掲示用の自分の顔を絵にしたり、ブロックで遊んだり、先生にじゃれついたりと好きな時間を過ごしています。この時間が終わったら、外遊びになります。園庭で十分遊んだら、明日の保育参観の発表練習です。

朝の時間

今朝のはな組は、参観日の発表の練習、その後は自由遊びでした。発表の練習は上手になってきています。そら組のみんなは、産休で休んでいるY先生への手紙に貼る顔の絵を描いていました。

最高の天気・外遊び

最高の天気です。少し走ると汗ばむ状況です。園児たちの中には、すぐにセーターを脱いで遊びに夢中になっています。砂遊び、鬼ごっこ、タイヤじゃんけん、鉄棒などで遊びます。鉄棒をしていたそら組の園児は、もう逆上がりができるようになっていました。すごい成長です。