幼稚園の日誌

幼稚園の日誌

ひな人形づくり

雨の登園になりました。園児たちは、室内で活動です。はな組のみんなは、折り紙を使ってひな人形をつくります。そら組のひな人形は、ペットボトルを使って立体的なお雛様にしましたが、はな組はきれいな折り紙を使ってつくります。それでも、そら組のお雛様に負けません。上手に折り紙を重ねて作っていきます。そら組は、参観日で発表する寸劇の練習が始まりました。今日が初めてなので、どんな劇になるかわかりませんでした。

元気に園庭遊び

曇りで陽が出ていませんが、園児たちは朝の活動が終わり、元気に園庭で遊んでいます。砂遊び、三輪車のり、ケンケンパなどで友だちと一緒に遊んでいます。園児は自分から好きな遊びを見つけ、仲間を探してしっかり遊ぶことができるようになっています。

朝の活動

休み明け、園児たちが元気に登園してきました。登園後、そら組はお雛様を飾る台の制作、はな組は保護者参観日の発表の練習をしました。どちらのクラスも参観日の準備が進んでいます。

おいしいお弁当の時間

お別れ遠足の一つの楽しみ、お母さんたちが作ってくれたおいしいお弁当をみんなで食べます。食べる前に手を洗い、全員アルコール消毒もしました。お母さんのおいしいお弁当なので、みんな完食でした。お弁当の内容、量ともベストで園児たちも大満足でした。

お別れ遠足

年間の予定では、本日、常盤幼稚園との交流遠足を実施することになっていましたが、コロナウイルス感染症予防のため中止にしました。給食も停止にしていたため、お弁当をもって幡羅幼稚園だけで近くの公園で園児のお別れ遠足を実施しました。昨日より暖かい日になり、園児たちは、公園の遊具などを使って十分楽しんでくることができました。途中、PTAの会長さんから園児に飲み物の差し入れがあり、園児たちは遊びの休憩時間にご馳走になりました。